シラー

プロファイル

1.時期:

   芽吹き  開 花  収 穫  その他
 一 般
 高山村   10月上旬~   

2.適気温:やや涼しい~やや暑い 
 適平均成長期気温は約16~20.5度。春先の気温が低すぎると実つきが悪くなる。ヴェレイゾンから完熟までの期間が短く、かつすぐ最適収穫時期が過ぎる。気温の下限はメルローと同程度。

3.耐病性:中~強
 収穫期が近づくと灰色カビ病がでる。葉ダニもでる。ミネラル欠乏がでやすい(特に鉄分)。シラー特有の生理障害がある。

4.樹勢:強
 樹勢は強くて木が固い。春先の強風で新梢が折れやすい。

5.収穫量:少~中
 花芽をもってこない。花振いする。完熟期過ぎると急速に房がしおれる。収穫量が安定しない。

6.土壌:
 石灰質土壌は避ける。台木110Rは使わない。101-14と合わないという報告もある。火成岩土壌が向いている。酸性土壌に向く。ヴェレイゾン後、水が切れると突然熟すのが止まり、回復しない。

7.その他:
 ヴィオニエと親戚。シラー特有の生理障害があるが原因不明。特長は、時期問わず、葉が赤くなり、ふくれる。接ぎ木部分にひびが入る。木が枯れる等。栽培の難しい品種。


エルミタージュ


●生産性:中
●房の大きさ:少~中、小粒、バラ房
●糖度:高、火成岩土壌だと酸が抜けやすい
●ワインポテンシャル:高
●ワイン:完熟すれば、色が濃く、複雑なタンニンとデリケートなアロマをもつ長熟が可能なワインになる。 


ニュージーランドMS


●生産性:高(品種の中ではということです)
●房の大きさ:中~大、バラ房
●糖度:高、酸も残りやすい
●ワインポテンシャル:高
●ワイン:完熟すれば、色が濃く、骨格があってスパイシーなアロマをもつ長熟が可能なワインになる。