ピノノアール

プロファイル

1.時期:

   芽吹き  開 花  収 穫  その他
 一 般 早  中 
 高山村   9月中旬   

2.適気温:より涼しい~涼しい 
 適平均成長期気温は約14~16度。適応気温は狭い。気温が高いと急速に熟したり、粒がしおれたりする。日焼けもしやすい。

3.耐病性:中
 べと病、灰色カビ病に弱い。ファンリーフ、リーフロールなどのウイルス病になりやすい。ヨコバイの被害もうける。皮がうすく、粒が密接するので、雨が多いと粒が割れ、そこから灰色カビ病が入る。ほとんどの農家は、熟す前に灰色カビ病になり、色もつかず、品質が劣化する。べと病はしっかり農薬散布すれば、コントロール可能。

4.樹勢:中
 水分が多いところでは、樹勢が強くなる。

5.収穫量:少
 なかなか健全な房を収穫できない。腐った粒や色づきの悪い粒をとっていくので、収穫量が落ちる上、手間がかかる。

6.土壌:
 石灰質土壌が向いている。土壌養分は豊かな方がよい。

7.その他:
 栽培が難しい品種。葉のコントロールはできるが、房のコントロールができない。高気温と雨が特によくない。ゆっくり熟させてうまみをのせたいが、そこまでもたない。一見うまく色づいたときでも、中身がのらず、よいワインにならない。うまくぶどうがつくれれば最高のワインになりうる。


115


●生産性:中(この品種の中ではということです)
●房の大きさ:中、小粒、密接、皮が薄い
●糖度:高
●ワインポテンシャル:中~高
●ワイン:うまくいけば、クオリティーの高い典型的なピノノアールワインになる。


743


●生産性:中(この品種の中ではということです)
●房の大きさ:中、小粒、密接、皮が薄い
●糖度:中~高
●ワインポテンシャル:中
●ワイン:スパークリングワインに用いられるクローン。スパークリングワイン用のクローンの中では高品質のものができる。


777


●生産性:中(この品種の中ではということです)
●房の大きさ:小~中、小粒、密接、皮が薄い
●糖度:高
●ワインポテンシャル:高
●ワイン:うまくいけば、「これぞピノ」、かなりクオリティーの高いワインになる。